近視について

はじめに近視とは?


近視という状態は、近くの物は見えるのに、遠くの物が見えにくい眼の状態のことになります。眼の網膜の焦点が手前に合っていますので、遠くの物が見えにくくなってしまっているのです。どうして焦点が近くの物に合って、遠くの物に合わないのかははっきりと分かっていません。一番有力だと考えられているのは、眼の近くでの作業を続けていると、筋肉が緊張してしまい、亢進することで近視になるのです。それ以外にも、眼のレンズが膨らんでしまい戻らなくなり変化が起きてしまうことで近視になるとも言われています。まだまだ近視になる理由に関しては、研究段階であると言えるでしょう。

近視になってしまって、眼鏡を作ったら近視が進んでしまうと1度は聞いたことがあるのではないでしょうか。眼鏡を掛けてしまうと近視が進んでしまうというのは事実ではありません。眼鏡をかけていなくても、近視は進行してしまいます。眼鏡で近視が進んでしまったという人は、必要以上に強い度数の眼鏡をかけ続けてしまった可能性があります。眼鏡を掛ける時と、掛けない時間を作れば進行が止まるというものでもありません。掛けていない時間があったとしても、近視の進行には大した影響はありません。

眼鏡を掛けてしまったら近視が進行してしまうのは、近視の進行スピードの早さが原因であると言えるでしょう。眼が悪くなってしまい近視になりますと、視力0.2程度になるまでは一気に悪くなってしまうのです。視力が悪くなってから眼鏡を掛け始めるようになり、それに伴い視力が低下することで眼鏡が原因であると決めつけられる方も多いです。一度近視になってしまいますと、視力は一気に低下してしまいますので気をつけなければいけません。

近視になってしまったなら、いずれは眼鏡やコンタクトレンズを使用しなければいけません。学生であるなら眼が悪くなってしまい、黒板の字が見えにくくなってしまったのであれば眼鏡やコンタクトレンズを使用するのがベストでしょう。使用したからと言って視力の低下を招くわけではありません。日常生活で不自由になると感じたのであれば利用するのが正しい選択です。