近視の原因について

近視の原因とは?


世界的に見ても、日本人は近視が多い国になります。昔と比べて現代の日本というのは、それだけ眼が悪い人が多いということです。それではどうして、そこまで近視が多くなってしまっているのか疑問に思われることでしょう。昔と違い今はコンタクトを利用している人も増加していますので、眼鏡をかけている人の割合も減ってきています。なので、あまり日本人が眼が悪いと感じられない方もいらっしゃるかもしれません。ですが今現在の、日本の近視の割合というの小学校15〜18%、中学校で20%、高校で50%、大学になると60%以上という統計データが文部省から発表されています。大学になる頃には2人に1人以上の割合で近視になってしまっているのです。

日本人が近視になってしまう原因は生活環境が主な原因であると考えられています。現代の日本ではテレビ、テレビゲーム、漫画など眼を酷使する時間が増えてしまっています。日頃から学校の授業などで小さな文字を読んでいるのにも関わらず、家に帰ってからもテレビゲームや漫画などを読んでしまっていると眼が疲れてしまいます。大人になりますとパソコンなどを利用して、遅くまで触っている人も多いのではないでしょうか。それだけ眼を酷使する時間が増えてしまっては視力が低下しても可笑しくありません。遠くの景色を眺めて眼を休ませるという行為を、現代の日本人はほとんどしていないでしょう。眼の筋肉が常に緊張状態にあると、眼のピントが機能が衰えてしまって近視が進行してしまうのです。これらの原因を排除していくというのは、現代の日本において簡単なことではありません。

遺伝によっても近視になってしまう人も居ます。遺伝によって近視になってしまっている人は、先天性の場合になります。生まれた時から眼が悪いという人は遺伝によって眼が悪くなってしまったと言えるでしょう。これは環境に左右されることなく、遺伝によって近視になってしまいます。両親共に眼が悪く、強い近視の場合には子供にも遺伝する可能性があると考えておくと良いでしょう。